〜先染めジャカード生地の出来るまで〜
1.あらかじめ糸を染めてから作る織物を先染め織物といいます。
 糸の染め方には次の2通りの方法があります。
 


 

3.複雑な柄は、穴を開けた紙(紋紙)が経糸に上下開口の命令を送ることによって可能となります。
 
※ジャカード・・・この機械の発明者 Joseph Marie Jacquard(仏)の名にちなんでいます。
          1801年パリの産業博覧会に初出展されました。

4.織りあがった生地は糊付け(樹脂加工)し、巾を整えて乾燥します。

検反
5.最後に出来上がった生地を熟練のプロが厳しくチェック(検反)します。
 
カーテン百科事典トップに戻る
 
※当ページ掲載の画像及び記事の無断転載を禁じます。