〜用語集〜
用語 解説
意匠糸(fancy yarn) 生地に様々な装飾性を付加するためにつくられた特徴的な形状を持つ飾り糸。
エンブロイダリー ボイルなどの基布にエンブロイダリー機(刺繍機)によって刺繍を施した生地で、生地に刺繍したままのものと、刺繍後生地をカットしたものがある。
エンボス加工 織物などに型で凹凸模様をつける加工。凹んだ柄部分に光沢感が生じる。
エンボス転写 エンボス加工をする際の、熱と圧力を利用し織物とローラー(型)の間に転写紙をはさんでプレスすることにより、プレスした部分のみにプリントされる手法をいう。
オパール加工 耐酸性繊維(ポリエステルなど)と、植物性繊維(綿、レーヨンなど)との交織物に酸化剤を混ぜ、その後の熱処理により植物性繊維のみを炭化させて除去し透状模様を出した加工方法。現在では、ポリエステル100%のものでも可能となりほとんどがポリエステル素材になっている。英語ではburn outと言う。
カチオン可染糸 カチオン染料という染色剤に反応するポリエステル糸。カチオン染料に反応しないレギュラーポリエステル糸との交織により染め分けができる。(=後染め)
割繊糸 断面がみかんの房のように8等分にわかれているポリエステル。その間に入っているナイロンを後で溶かすことにより、空気が入り込みふっくらとした形状の糸に仕上がる。
ケースメント からみ織り(もじり織とも言う)で織られた布地。通常レースとして使用されるが、レースに比べ目が粗く、ざっくりしたボリューム感がある。
サッカー(しじら織り) 生地を織る時にタテ糸のテンションを調整して、織上がりに縦縞風の波形のふくれた凹凸感を出した生地のこと。
シャンタン(shantung) ヨコ糸にスラブ糸(節のある糸)を使用し、生地表面に不規則な節を出した織物。素材感のある風合いと光沢感が特徴。
シャンブレー(chambray) タテ糸、ヨコ糸を異なった色に染め分け、布を揺らしたり見る方向を変えたりすると様々な色相を感じさせる玉虫効果のある、平織り組織の織物のこと。色のコントラストが強い程、効果がある。
スラブ糸(slub yarn) 長さ、太さ、形の不規則なやや長めの節を所々に不規則な間隔をおいて撚った糸。織物の表面に出た節が手織り感をもたらす。
スパン糸(span yarn) 短い繊維を紡いだ糸で、糸の毛羽感があり柔らかい風合いの生地になる。
フィラメント糸
(filament yarn)
長繊維を用いて糸にしたもの、スパン糸に比べて光沢、艶がある。
発泡プリント 発泡剤を混ぜた染料でプリントし、熱を加えて膨らませるプリント技法。
風通(織) 模様に従い裏表を入れ替えて織り、2枚の布が模様部分で接結した織物。布地を裁ってみると袋状になっている。最近では、細かな組織で接結し2枚の生地がある程度動き、また中で糸が遊ぶような薄地が増えてきている。英語では double face又は pocket weavingと言う。
フロントカット 表地の柄部分以外で不要なヨコ糸の浮いた箇所をカットしたもの。カットした部分がデザイン的な魅力となる。(裏でカットしたものを”バックカット”という)
分繊糸 静電気を利用して加工された極細の糸。独自の張りやこし、光沢がある。元々日本独自の技術で生産量、品質共に他国の追従をゆるさないものがある。
オーガンジー もともとは綿の透き通った平織りの生地を指したが、最近では分繊糸を使った織物を指す事が多い。硬くハリのある風合いと光沢が特徴。
マイクロファイバー 超極細の合繊糸のこと。起毛加工を施すと、スエードのような風合いが得られる。
起毛加工 生地の表面をひっかいて毛羽を立てる加工。織物のボリュームが増し、ソフトで柔軟な風合いが得られる。
モアレ加工 織物に特別な組織と加工方法で、波形状や木目状の模様をつける加工。モアレはフランス語で小石等を水中に投じた際に見られる波形模様を現す。
杢糸(もくいと) 晒し糸と色糸、または色糸同士を2本、あるいは3本を撚り合わせたもので、織物にすると霜降り効果がでる。
モール糸(毛虫糸) 芯糸に羽毛を接着した意匠糸。モール糸を使用することによって、生地に凹凸感が生じ重量感が出る。
ラミネート加工 生地の裏面にウレタンフォーム等を張り付ける加工。生布に強度と安定性、保温性などの効果をもたらし、遮光率が格段に向上する。
コーティング加工 生地の裏面にアクリル樹脂などを塗りつける加工。遮光率の向上に格段の効果がある。
リング糸(ring yarn) 芯糸に、リング状の飾り糸を巻き付けたものと、それを固定するための押さえ糸とで構成されている意匠糸。芯糸や押さえ糸も、装飾的に扱う場合もある。
融着糸 熱を加えると溶けて固まる性質の繊維とレギュラー糸を撚りあわせ、部分的に熱加工を施すことによって硬軟差で表情を表した糸。
楊柳 織物の縦方向によろけた筋のようなシボが断続して現れた柄。縦がちな柄と、生地のふっくらとした手触り感が特徴。
ワープジャガード 整経したタテ糸に、色柄をプリントしてから織機にかけて、ヨコ糸を打ち込み織り上げる。それによって柄の輪郭や色柄がぼやけて絣調になり、柔らかな色柄表現を得る技法。通常のプリントと違い、裏面にも色がまわる。
ラメ糸 ポリエステルフィルムにアルミなどを蒸着し、糸状に細かくスリットしたもの。金糸、銀糸など。
アップリケ
(applique)仏
手芸でいろいろな形に切り抜いた布を他の生地に縫い付けたり、貼り付けたりする技法。
グログラン 経糸に対し、緯糸に太い糸を使い、横畝を強調した織物。
フルダル 化学繊維中、最も光沢のない糸。酸化チタンの含有量が多く白濁感がり、遮光プリントの基布に多く用いられる。