カーテン・シェードのお取り扱い方法
カーテンのお取り扱いについて
 お取り扱い上のご注意 

■たたみジワ
カーテンの素材によっては梱包の際のたたみジワが残る場合がありますが、そのままレールに吊っていただければしばらくしますとシワは自然にとれます。(ただし、素材によっては吊っただけでは取れない場合がありますので、その際にはご相談ください。)

■におい
カーテンに使用している繊維の中には特有のニオイを発するものがありますが、これは人体への影響は無く、また、臭気は時間とともに薄れていきますのでご安心ください。

■伸び縮み
カーテンは繊維の特質上、高温多湿を嫌い、お部屋の温度や湿度によって多少伸縮することがあります。特に、素材にレーヨンや綿、絹を多く使用しているカーテンは伸縮が大きいものもありますのでご了承ください。

 フックについて 

カーテンに付けてあるフックは、強い力や衝撃を与えますと変形したり、折れたりすることがありますのでご注意ください。なお、フックはカーテンの仕様により、差し込みアジャスターフック(または金属フック)、キロニー・オリジナルギャザーフック(上部芯地がギャザーテープの場合)を使用しています。アジャスターフックは、フックを軽く押し下げるとお好みの位置にセットでき、カーテンの丈を微調整することができます。フックの位置が下に行き過ぎた場合は下方向に一度抜いて、もう一度上から差し込み、リセットしてください。

ラベル表示について
 洗濯ラベルについて 

カーテンの裏側上部に「取扱い絵表示ラベル」が縫い付けられています。
洗濯の際には、絵柄の内容をよくお確かめの上、お取り扱いください。
※2016年12月1日より、取扱い絵表示ラベルが変更になりました。

  ■2016年12月1日以降のカーテンをお持ちの方はこちらをご覧ください。
  ■2016年12月1日以前のカーテンをお持ちの方はこちらをご覧ください。
 

■2016年12月1日以降の取り扱い絵表示ラベル
1.洗い方
液温は、40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができます。
液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができます。
洗濯処理はできません。
2.漂白処理
酸素系漂白剤による漂白処理ができますが、
塩素系漂白剤による漂白処理はできません。
漂白処理はできません。
3.タンブル乾燥
洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできません。
4.干し方
日陰で吊り干しをしてください。
5.アイロン仕上げ
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができます。
アイロン仕上げ処理はできません。
6.ドライクリーニング
弱い操作により、石油系溶剤(蒸留温度150℃〜210℃、引火点38℃〜70℃)での
商業ドライクリーニング処理ができます。
ドライクリーニング処理はできません。
弱い操作により、商業ウェットクリーニング処理ができます。
ウェットクリーニング処理はできません。
■2016年12月1日以前の取り扱い絵表示ラベル
1.洗い方
洗濯機による洗濯ができます。水温は40℃を限度とし、弱水流または弱い手洗いを行ってください。
洗濯機は使用できません。水温は、30℃を限度とし、弱い手洗いを行ってください。
水洗いはできません。
2.漂白処理の可否
・塩素系漂白剤による漂白ができます。
・塩素系漂白剤による漂白はできません。
3.アイロンの温度
アイロンは高温(180〜210℃)でかけるのが適切です。ただし、210℃を限度とします。
アイロンは中温(140〜160℃)でかけるのが適切です。ただし、160℃を限度とします。
アイロンは中温(80〜120℃)でかけるのが適切です。ただし、120℃を限度とします。
アイロンがけはできません。
アイロンはあて布をしてください。
4.ドライクリーニング
ドライクリーニングができます。
ドライクリーニングができます。溶剤は石油系のものを使用してください。
ドライクリーニングはできません。
5.絞り方
手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞ってください。
絞ってはいけません。
6.干し方
日陰の吊り干しをしてください。
 防炎ラベルについて 

防炎カーテンとは、消防法により定められた試験に適合したものを指します。
消防法により規則を受ける建物などには、防炎性能のあるカーテンを使用し、カーテン1枚ごとに見やすい箇所に防炎ラベルを付けることが義務付けられています。
この「防炎ラベル」は、消防庁長官から認定を受けた「防炎表示認定業者」でなければ取り扱うことができません。
防炎ラベルは防炎性能が水洗い、あるいはドライクリーニングによって変化するかどうかを基準に、(イ)ラベル、(ロ)ラベル、(ハ)ラベル、(ニ)ラベルの4種類に分かれています。

防炎について詳しくは日本防炎協会のホームページをご覧ください。

※平成27年4月1日以降、防炎加工業者にて防炎加工処理された生地に「防炎補助ラベル」が発行されます。
 消防庁の指導により(公財)日本防炎協会が発行するラベルです。ラベルには防炎加工の「照会No.」が表記されています。
 補助ラベルが発行された生地に防炎ラベルを縫い付ける場合は、補助ラベルも合わせて縫い付けられます。

シェードのお取り扱いについて
 お取扱方法 

キロニーのシェードはTOSO(株)の機材を使用しております。
お取扱いについては、TOSO(株)のホームページをご確認ください。
 
☆TOSO(株)のホームページへ

 部品について 

シェードの部材を購入したい場合は、TOSO(株)のオンラインショップでお買い求めいただけます。
 
☆TOSO(株)のパーツオンラインショップへ